English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2019年2月4日 12時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Mitsubishi Motors
三菱自動車、大阪オートメッセ2019に新型『デリカD:5』及び『アウトランダーPHEV』『エクリプス クロス』のカスタムカーを参考出品

東京, 2019年2月4日 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、2019年2月9日(土)から11日(月・祝)までインテックス大阪(大阪府大阪市)で開催される「大阪オートメッセ2019」に、ブランドメッセージ “Drive your Ambition” をテーマとして出展します。

2018年度内に発売を計画しているオールラウンドミニバン 新型 『デリカD:5』を3台展示、内1台の「純正用品提案車」を大阪オートメッセ特別カスタムとしてボディカラーをサテンイエローメタリック×アイガーグレーメタリックとしました。加えてスポーティなイメージをオンロードスタイルで表現したカスタムカー『アウトランダーPHEV STREET SPORT』、『エクリプス クロス STREET SPORT』と、純正用品を装着しよりスポーティな走りを提案する『アウトランダーPHEV』、『エクリプス クロス』の、合計7台を参考出品します。

1.新型『デリカD:5』概要

2018年度内に発売を計画しているオールラウンドミニバン 新型『デリカD:5』(プロトタイプ車)を3台参考出品します。

新型『デリカD:5』はフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」やマルチLEDヘッドライトを採用し、一目で『デリカD:5』と分かる特徴的なエクステリアとし、また、インストルメントパネルもオールラウンドミニバンとしての機能性と上質さをコンセプトに刷新しました。加えて、予防安全技術「e-Assist」を装備して安全性を向上、クリーンディーゼルエンジンと新開発の8速スポーツモードA/Tを組み合わせ、よりパワフル且つ静かで滑らかな走りへと進化させました。

さらに新型『デリカD:5』では、都会的なデザインをお求めになるお客様に向けて、洗練されたモダンなデザインの『デリカD:5 URBAN GEAR(アーバンギア)』を新規設定しました。

純正用品提案車には、LEDワーキングランプを装着したヘビーデューティキャリアや、サイド・リヤアンダーガードバー、エンジンフードエンブレム、ドアミラーなどをブラック化。さらに大阪オートメッセ特別カスタムとして、ボディカラーをサテンイエローメタリック×アイガーグレーメタリックとし、また足回りはクリムソン製アルミホイールMONSTERとYOKOHAMA製GEOLANDAR A/T G015(235/70R16)を装着しました。加えて各種純正用品を装着するなど、よりタフでアクティブな印象とし、お客様の行動範囲を拡げ、家族や仲間と楽しく過ごすレジャーシーンや時間を演出します。

2.カスタムカー『アウトランダーPHEV STREET SPORT』及び『エクリプス クロス STREET SPORT』概要

チタニウムグレーメタリックとブラックマイカの特徴的な2トーンボディをベースに、ストライプ模様のグラフィックとビビッドなイエローアクセントで、スポーツウェアのようなコーディネーションを実現。街中でも映えるファッショナブルでスポーティなカスタムカーとし、オンロードでのキビキビとした走りのイメージをアピールします。

<アウトランダーPHEV STREET SPORT>
フロント・リヤバンパーおよびサイドシルガーニッシュにアクセントのイエローを配色。足回りにもRAYS製アルミホイールHFULL CROSS Rv5にイエローのアクセントを加え、YOKOHAMA製ADVAN SPORT V105(245/40ZR20)を装着しました。

<エクリプス クロス STREET SPORT>
フロントコーナー・サイド・リヤコーナーエクステンションにアクセントのイエローを配し、フロント・リヤバンパーガーニッシュ、テールゲートスポイラーを装着することで、スポーティな外観としました。また足回りはRAYS製アルミホイールHOMURAとYOKOHAMA製ADVAN SPORT V105 (245/40ZR20)を装着しました。

3.純正用品提案車 概要

既に販売をしている三菱純正用品に加え、今後販売を検討している用品を装着し、スタイリッシュなエクステリアと、よりスポーティな走りを提案します。

<アウトランダーPHEV>
上級類別「S Edition」をベースに、フロントのダイナミックシールドにイルミネーションをあしらい、レディッシュカーボン調のフロント・イルミネイティッドサイド・リヤエアダムを装着、ショックアブソーバーにはHKS HIPERMAX S-Style Cを、タイヤにはYOKOHAMA製ADVAN dB V552 (225/55R18)を採用しました。

<エクリプス クロス>
ブラックをアクセントカラーとした特別仕様車「BLACK Edition」をベースに、エンジンフードエンブレム、バンパーガーニッシュパッケージ、アルミホイールをブラック化し装着、ブラックがさらに引き立つモデルとしました。またフロントコーナー・イルミネイティッドサイド・リヤコーナーエクステンションをクリア塗装し、ダイナミックシールドにもイルミネーションをあしらいました。ショックアブソーバーにはHKS HIPERMAX S-Style Cを、タイヤにはYOKOHAMA製ADVAN dB V552 (225/55R18)、マフラーにはHKS LEGAMAX Premiumを採用しました。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5275.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

トピック: Press release summary
セクター: Automotive
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2019 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 
Mitsubishi Motors Links

http://www.mitsubishi-motors.com/en/index.html

https://www.facebook.com/MitsubishiMotors.en

https://twitter.com/mitsucars?lang=en

https://www.youtube.com/user/MitsubishiMotorsAd

https://ph.linkedin.com/company/mitsubishi-motors

Mitsubishi Motors Releated News
May 17, 2019 20:00 HKT/SGT
三菱自、人事異動のお知らせ
May 9, 2019 18:34 HKT/SGT
Mitsubishi Motors Reports Full Year Financial Results for FY2018 and Issues FY2019 Guidance
May 9, 2019 17:00 HKT/SGT
三菱自動車、2018年度決算および2019年度業績予想を発表
May 7, 2019 13:00 HKT/SGT
三菱自、オートキャンプイベント「スターキャンプ2019 in マキノ高原」の参加者を本日より募集開始
Apr 25, 2019 14:00 HKT/SGT
三菱自動車、社会体験アプリ「ごっこランド」にパビリオンを出店
More news >>
Copyright © 2019 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Privacy Policy | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8400