English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2019年8月23日 13時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Mazda
マツダ、第13回キッズデザイン賞受賞について

広島, 2019年8月23日 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)の子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン「子どもを死角から守る前方視認性」が第13回キッズデザイン賞(主催:特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会)を受賞しました。マツダがキッズデザイン賞を受賞するのは、2014年の「子ども視点で開発するMAZDA TECHNOLOGY FOR KIDS」(内閣総理大臣賞)以降、6年連続となります。

キッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という3つのデザインミッションを実現するための優れた製品・空間・サービスを選び、広く社会へ伝えることを目的とした顕彰制度です。受賞作品には、「キッズデザインマーク」の使用が認められます。今回の受賞対象は、次の通りです。

■ 子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン部門
受賞対象:「子どもを死角から守る前方視認性」

マツダは、2014年の本賞受賞以降、さらなる安全性向上のため、地道に開発を継続し、「MAZDA3」において、前方視界を広く素早くクリアにするために進化したワイパーと、運転席から見えるAピラーの太さや形状を細かく作り込み、死角が広がらないようなAピラーの造形を採用しました。従来、ワイパーに関して、雨天時の運転席側Aピラー付近の拭き残しや、ウォッシャー液噴射による一瞬の視界不良、ワイパー不使用時の視界のさらなる拡大が課題でしたが、「MAZDA3」において、ワイパー払拭範囲の拡大、新採用のワイパーアームからのウォッシャー液噴射機構、ワイパー不使用時にボンネット下へワイパーを完全に格納することにより、これらの課題を克服しました。また、従来のAピラーとドアミラーの配置の工夫に加え、Aピラーそのものの形状を見直し、これまで以上に広い視界を確保することに成功しました。

マツダは、クルマ本来の魅力である「走る歓び」によって、美しい「地球」と心豊かな「人」・「社会」を実現し、人の心を元気にすることを目指しています。安全・安心で「走る歓び」にあふれたカーライフを通じて、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2019/201908/190823a.html

概要:マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。

トピック: Press release summary
セクター: Automotive
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2019 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 
Mazda Links

http://www.mazda.com

https://www.youtube.com/user/mazdaofficialweb

https://ph.linkedin.com/company/mazda-motor-corporation

Mazda Releated News
Sept 12, 2019 12:00 HKT/SGT
マツダ、社会福祉団体にマツダ車を贈呈
Aug 30, 2019 14:45 HKT/SGT
マツダ、人事異動を発表
Aug 30, 2019 12:37 HKT/SGT
マツダ、防府工場で「自動車専用船見学会」を開催
Aug 29, 2019 13:00 HKT/SGT
マツダ、2019年7月の生産・販売状況について(速報)
Aug 29, 2019 11:08 HKT/SGT
Mazda Production and Sales Results for July 2019
More news >>
Copyright © 2019 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Privacy Policy | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575