English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2020年3月25日 12時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Thundercore
T2.0まもなくアップグレード HUOBIとUPの間に巨大な裁定取引ができる

東京, 2020年3月25日 - (JCN Newswire) - 公式よりTTチェーン技術チーム何度もテストを経まして、PaLa R1全部の機能がテストネットでスムーズに利用することが確認できました。北京時間 3月17日 15:00-16:00からPaLa R1をThunderCoreにアップグレードする予定です。先ず、HUOBI GLOBALに配置してから、 UPBITも続けて配置します。この二つの取引所のサイト配置が完成後、TTチェーンがHUOBI GLOBALと UPBITで相互出、入金ができます。TT貨幣が全世界での流通と開拓の共通認識を実現します。




前公式が発表されたニュースによって、TTチェーンは3ラウンド(R1、R2、R3)に分けて、主ネットに対してアップグレードいたします。TTチェーン主ネットPALAが完全と対外開放の基礎を打ち立てます。PALAが安全な性能を上がりして、TTチェーンの運転効率と取扱い能力が高めました。

ずっとTTのことを関心持ってる方は気が付くかもしれませんが、HUOBI GLOBALのTT価格は大体0.033RMBくらい、UPBITのほうは11.9KRWくらいに維持してます。差額は倍以上があります。これはいくつか共通認識者に金利裁定取引を運んで巨大な利潤の空間を提供しました。同時に中国市場TTの価格が過小評価されまして、未来は国内の国際取引所が全般に通じて、TTの価格が伸びる可能性もあります。

ThunderCore主ネットは2019年3月から始まって、すぐ確認を実現し、TTチェーンのプロジェクト運用すでに始まって、プロジェクトの生態が起動しました。ETHが互換性ありスマートコントラクトAPIを提供し、開発者は何分内にETHをTTチェーンに配置することができます。すぐ確認の特性に、日常の支払いを待ち時間0になって、数字資産をインフラのランクの金融商品になります。同時に、この技術は伝統銀行の体系を離れて、新しいシステムを作れます。全世界越境支払い産業の道が開けます。

現在、TTチェーンにTT-USDTは全世界最も人気の貨幣資産になってます。全世界のプロジェクトがTT-USDTを一歩一歩完成します。例::ThunderCore Hub、Trust WalletなどのウォレットはTT-USDTの出、入金を支援します。TT-SwapでTT、TT-USDTの直接交換はできます。TT-USDTをもってあれば、チームの開発などをThunderCoreで利用できて、TTチェーンの高効率を感じます。例:TT-USDTはUSDTをすぐ確認できます、高TPS(4000回/S)など、待ち時間はいりません。ETHでのDAppをTTに移動する際に、生態系の時間も短くにします。TTチェーンユーザーと開発チームがブロックチェーン利用する際に、共有資源と他のブロックチェーンの利用者に惹かれてます。

Media contact
Company Name: Thundercore
City, State, Country: Kuala Lumpur, Malaysia
Contact Person: Marcus
Email: info@thundercore.com
Tele: +601127674710
Website: Thundercore.com

トピック: Press release summary

http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2020 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Thundercore Releated News
Mar 25, 2020 13:00 HKT/SGT
T2.0まもなくアップグレード HUOBIとUPの間に巨大な裁定取引ができる
More news >>
Copyright © 2020 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575