English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2020年3月26日 9時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Mitsubishi Electric
三菱電機、生産現場の改善活動を効率化する「生産ライン改善支援技術」を開発
レイアウトとモノの流れの統合設計と、AIを用いた生産量算出により、生産性向上に貢献

東京, 2020年3月26日 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、生産現場の改善活動を効率化する「生産ライン改善支援技術」を開発しました。生産ラインのレイアウトとモノ(製品)の流れの統合設計による設計工数の削減と、当社AI技術「Maisart(R)(マイサート)※1」を用いた生産量算出の高精度化により、生産現場の改善検討工数を従来の2分の1に削減するとともに、勘や経験に頼らない安定した改善検討を実現し、生産現場の生産性向上に貢献します。

開発の特長
1. 生産ラインのレイアウトとモノの流れの統合設計により、改善案の導出を効率化
- 生産ラインのレイアウトとモノの流れの統合設計により、個別設計では気づかない矛盾や修正の手間を削減し、生産ラインの改善案を効率よく導出
- レイアウト・モノの流れ、運搬速度などのデータから算出したDI分析※2結果など、生産ラインの良否判断に用いる情報を分かりやすく可視化し、改善検討作業の質を向上

2. AIを活用し改善案における生産量を高精度・高効率に算出
- 生産ラインの各工程で計測した作業時間から、AIを用いて作業時間のばらつきや時間帯による作業効率の変化を分析し、生産量算出用データを生成。このデータを用いて、改善案における生産量を90%以上の精度で算出
- 生成したデータと設計したレイアウト・モノの流れをシミュレーターに自動反映することで、改善検討者の勘や経験に基づき人手作業で行うシミュレーターの設定を自動化し、複数の改善案の比較検討作業を効率化

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2020/0326.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。

トピック: Press release summary
セクター: Electronics
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2020 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Mitsubishi Electric Releated News
Sept 9, 2020 14:00 HKT/SGT
三菱電機、IoTプラットフォームを活用したビル運用支援サービスを発売
Sept 3, 2020 13:00 HKT/SGT
三菱電機、第5世代移動通信システム基地局向け「100Gbps EML CAN」サンプル提供開始
Aug 26, 2020 09:00 HKT/SGT
三菱電機、「IGBTモジュールTシリーズ 産業用LV100タイプ」発売のお知らせ
July 14, 2020 12:00 HKT/SGT
三菱電機、5G基地局用GaN増幅器モジュールの小型・高効率化技術を開発
July 9, 2020 13:00 HKT/SGT
三菱電機、パワー半導体「SiC-MOSFET」の高精度回路シミュレーション技術を開発
More news >>
Copyright © 2020 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575