English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2020年7月6日 14時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Mazda
マツダ、後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を発売
既販車の「デミオ」「ベリーサ」を対象に、安心・安全をサポート

広島, 2020年7月6日 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、既販車の「MAZDA デミオ*1」「MAZDA ベリーサ*2」を対象に、後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置*3」を、全国のマツダ販売店を通じて本日より販売します。

本装置は、車両前後に装着した超音波センサーで前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知した場合、ブザー音と室内に取り付けたインジケータで注意喚起をします。それでもブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを強く踏み込んだ場合には、加速を抑制し衝突時の被害軽減に貢献します*4。

また後退時には、壁などの障害物を検知していない時でも、時速約5km以上でアクセルペダルを踏んだ場合、ブザー音とインジケータで注意喚起をし、加速を抑制して衝突の回避や被害の軽減を図ります*4。

今回発売する後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置」は、マツダ純正用品で、サポカー補助金*5の対象になります。

近年、駐車場などでのペダル踏み間違いによる事故の割合が増えてきています。このような状況に対して、マツダは独自の安全思想であるマツダ プロアクティブ セーフティ*6にもとづいた安心安全技術を搭載した車種を拡充し、クルマに乗る人が安心して運転を楽しめることを目指してきました。

さらに、後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置」の導入により、現在販売中の車種だけではなく、「デミオ」「ベリーサ」を長くお乗りいただいているお客さまにも、より安心して運転を楽しんでいただけるようになります。

マツダは、クルマ本来の魅力である「走る歓び」によって、美しい「地球」と心豊かな「人」・「社会」を実現し、人の心を元気にすることにより、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2020/202007/200706a.html

概要:マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。

トピック: Press release summary
セクター: Automotive
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2020 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 
Mazda Links

http://www.mazda.com

https://www.youtube.com/user/mazdaofficialweb

https://jp.linkedin.com/company/mazda-motor-corporation

Mazda Releated News
Aug 4, 2020 16:00 HKT/SGT
マツダ、「ひろしま “Your Green Fuel” プロジェクト」 において次世代バイオディーゼル燃料のバリューチェーンを構築
July 31, 2020 12:00 HKT/SGT
マツダ、「MAZDA MX-30」を今秋国内に導入
July 30, 2020 15:34 HKT/SGT
Mazda Production and Sales Results for June 2020 and for January through June 2020
July 30, 2020 15:00 HKT/SGT
マツダ、2020年6月および1~6月の生産・販売状況について(速報)
July 28, 2020 11:00 HKT/SGT
マツダ、令和2年7月豪雨災害に対する支援について
More news >>
Copyright © 2020 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575