English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2020年7月13日 10時30分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Showa Denko K.K.
昭和電工、「イソシアネートモノマーと粘接着・塗料分野の応用」で2020年度第42回日本接着学会技術賞を受賞

東京, 2020年7月13日 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)は、本年6月、一般社団法人日本接着学会より「2020年度第42回日本接着学会技術賞」を受賞しました。当社の「イソシアネートモノマーと粘接着・塗料分野の応用」が、粘接着剤・塗料業界における樹脂のデザイン・機能の向上を実現し、業界に貢献したことが評価されたものです。

受賞対象であるカレンズ(R)イソシアネートモノマーは、各種の物質と容易に結合するイソシアネート基と、共重合や光・熱硬化が可能なアクリル基を同一分子内に有する当社独自の製品で、ポリマーに添加・反応させると短時間かつ効率よく光硬化性を付与できる機能と、アクリル共重合体のモノマーに用いると低温でイソシアネート硬化を可能にする機能を有しています。

カレンズ(R)は、粘接着用途では粘度上昇や副生物の生成なく簡便に合成でき、光硬化性も高いため近年のUV-LED化に合致した製品開発が可能です。また塗料分野では、簡便にイソシアネート基を樹脂構造中に挿入できるため、低温で硬化でき省エネルギー化に貢献できるほか、低温硬化型イソシアネートブロック体も合成できることから、塗料の水系化・高機能化のトレンドにも合致し、機能性高分子分野のキーマテリアルとして幅広く採用されています。

当社グループは、「個性派企業(収益性と安定性を高レベルで維持できる個性派事業の連合体)」を実現し、「世界トップレベルの機能性化学メーカー」となることを目標としています。今後も独特な化学構造・機能を持つカレンズ(R)シリーズの安定供給体制とお客さまへの提案力強化により、お客さまの開発サポートを通じて事業を拡大し、個性派事業の確立を目指します。

カレンズ(R)ホームページ https://www.karenz.jp

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.sdk.co.jp/news/2020/37946.html

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

お問い合わせ先
CSR・コミュニケーション室
03-5470-3235

トピック: Press release summary
セクター: Chemicals
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2020 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Showa Denko K.K. Releated News
Aug 12, 2020 15:00 HKT/SGT
Showa Denko Announces 2020 2Q Consolidated Financial Results
Aug 12, 2020 15:00 HKT/SGT
SDK Revises Forecast of Consolidated Performance for Full-year 2020
Aug 12, 2020 15:00 HKT/SGT
昭和電工、通期連結業績予想の修正に関するお知らせ
Aug 12, 2020 15:00 HKT/SGT
昭和電工、2020年12月期第2四半期決算を発表
Aug 6, 2020 15:00 HKT/SGT
SDK to Record Operating/Non-operating Expenses for Acquisition of Hitachi Chemical's Shares, and Extraordinary Loss
More news >>
Copyright © 2020 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575