English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2022年1月4日 9時00分 JST
Share:
    

Source: NEC Corporation
2022年 NEC社長・森田隆之 社員向け新春メッセージ要旨

東京, 2022年1月4日 - (JCN Newswire) - 当社社長・森田隆之によるNECグループ社員向け新春メッセージの要旨を以下のとおりお知らせします。

<要旨>

NECは昨年、NEC 2030VISIONと2025中期経営計画を発表し、日本を含むグローバルでの成長を目指す新たなステージに踏み出しました。5ヶ年の中期経営計画の初年度として、2021年は将来に向けた様々な取り組みを開始し、前進した一年でした。

2022年は、昨年の努力を具体的な成果や結果に結び付け、それを推進力として2025年に向けた変革アクションを更に加速させる重要な年になります。結果を示すことは、私たちを取り巻くステークホルダーからの信頼を勝ち取り、NEC 2030VISIONで提示した未来の世界の共創、ひいては私たちのPurposeの実現に向けて大きく前進することにつながっていきます。

是非、結果にこだわる意識を従来以上に強く持って日々の業務遂行にあたってください。私自身も、自らのコミットメントを果たすことにこだわっていきます。

結果を出していくためには、NECグループが更にアジャイルな事業運営をできる組織へと進化することも必要です。2022年は、スピード感ある行動・判断・意思決定の妨げとなる制度やプロセスを、徹底して見直していきます。皆さん一人ひとりが自らの責任を主体的・自律的に果たし、活躍できるように、一層の権限委譲も進めます。是非こうした変化を好機と捉えて楽しみ、より高い成果を追い求めるために最大限に活かしてください。

NEC 2030VISIONと2025中期経営計画の発表にあわせて、NECグループは「未来の共感を創る」会社になることを宣言しました。目指す姿に一歩でも二歩でも近づくため、力強く前進していきましょう。

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

トピック: Press release summary
Source: NEC Corporation

セクター: Daily Finance, Cloud & Enterprise
https://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2022 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 
NEC Corporation Links

http://www.nec.com

https://www.facebook.com/nec.global/

https://twitter.com/NEC_corp

https://www.youtube.com/user/NECglobalOfficial

https://www.linkedin.com/company/nec/

NEC Corporation Releated News
2022年5月16日 11時00分 JST
NECファシリティーズ、カーボンニュートラルの実現に貢献するレジリエンス強化型ZEBプロジェクトを完了
2022年5月13日 10時10分 JST
NEC、SISと共に提供する為替BPOサービスが全国44信用金庫1033店舗で稼働
2022年5月12日 10時40分 JST
SGシステム・佐川グローバルロジスティクス・NEC、協調搬送ロボット導入に向けて実証実験を実施
2022年4月28日 15時20分 JST
NEC、2022年3月期 決算短信[IFRS](連結)を発表
2022年4月28日 10時00分 JST
NECのマルチモーダル生体認証システムがベトナムの新しい国民IDシステムの実現に貢献
More news >>
Copyright © 2022 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 214 890 4418 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6549 7068 | Tokyo: +81 3 6859 8575