English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2022年2月18日 15時00分 JST
Share:
    

Source: Moonstake
2022年、Centrality(CENNZ)について知っておくべきこと

シンガポール, 2022年2月18日 - (JCN Newswire) - 2021年は暗号資産市場において飛躍的な1年となりました。世界中でデジタル資産、NFTをはじめとするブロックチェーン技術が使われたマーケットの成長とテクノロジーの導入において大きな変革をもたらしました。私たちMoonstakeも怒涛の1年を過ごしました。世界中のユーザーとパートナーのサポートのおかげで、Moonstakeは世界のステーキングプロバイダーのトップランキングにノミネートされ、ステーキング資産の総額は18億ドルに達しました。2022年を迎え、Moonstakeとパートナーは、Moonstakeのプラットフォームのスケールアップと進化に伴い、多くのエキサイティングなニュースやプログラムをお届けしていきます。年始に際し、2022年のパートナーの最新情報や期待されるアップデートを、戦略的パートナーと共同で連載していきます。今回はCentralityについてご紹介します。


2021年2月現在、Moonstakeは2020年8月からCentralityブロックチェーンの開発チームであるCENNZnetとの戦略的パートナーシップにより、CENNZステーキングのサポートを行っています。最も注目すべきは、Moonstakeが世界で初めてCENNZnetとCPAYをサポートしたウォレットであり、その後もCENNZステーキングのリーディングプロバイダーの1つであり続けていることです。実際、当社のCENNZのステーキング量は550万ドルに達し、Moonstake ウォレットは世界最大のCENNZステーキングプールとなっています。この数字は、CENNZのステーキングを開始してからわずか10日間で達成されたものです。それ以来、Moonstakeは手数料無料のステーキングキャンペーンやプレゼントなど、Centralityエコシステムの認知度を高めると同時に、グローバルユーザーへのCENNZステーキングの採用を促進する数々のキャンペーンを開催しています。

2021年、CENNZnetは多くの主要な開発マイルストーンを達成しました。6月には分散型取引所CENNZXが稼動し、CENNZnetのコア・トークン、ひいてはあらゆるアクティブなCENNZnetトークンの超高速かつ安全なトレードを可能にしました。また、CENNZnetのNFTモジュールもリリースされ、ユーザーはスマートコントラクトに触れることなく、CENNZnet上でNFTをミント・販売できるようになりました。CENNZnetはまた、独自の双方向トークンブリッジであるEmeryを立ち上げ、CENNZnetとEthereumを接続して、シームレスなクロスチェーンのデータおよびアセット転送を実現しています。さらに、同ネットワークは、Covid-19の混乱にもかかわらず、多くのハッカソンを開催し、CENNZnetチェーン上の構築を奨励するための助成金プログラムも成功させました。今回は、Centralityのパートナーに、2022年のCentralityエコシステムとそのユーザーコミュニティに何が待ち受けているのかをインタビューします。

Q1 2021年の成果のうち、最も充実した成果はどんなものですか?

CENNZnetにとって、今年は大きな1年でした。メインネットが稼働し、2021年はノンストップの構築とイノベーションの年であり、それはとてもエキサイティングなものでした。これまでに、ステーキング、CENNZX、ポイント&クリックNFT、Emeryトークンブリッジ、カーボンマイナスなどを成功させています。

2021年はNFTの年であり、CENNZnetはマーケットリーダーの仲間入りをするために素早くピボットしました。CENNZnet のプロトコルレベルの NFT モジュールを使えば、ユーザーはスマートコントラクトに触れることなく、CENNZnet 上で NFT をミントし、販売することができます。複雑な工程の代わりにユーザーはJavascript APIやUIをポイント&クリックするだけで、カスタムNFTを作成することができます。

2022年にはメタバース系のメジャーなプロジェクトにも参加できるようになるので、2021年の最もエキサイティングなローンチと言えるかもしれませんね。

Q2 2022年、CENNZnetのさらなる普及のために、どのような施策を行うのでしょうか?

2021年後半は、非常に大規模でエンゲージメントの高いコミュニティを持つ、確立されたメタバースプロジェクトとの関係を育むことに注力しました。2022年の第1四半期には、これらのパートナーシップに関する発表を開始する予定です。これらのキャンペーンは、主にコミュニティの人数を増やすことを目的としており、次のステップでは、CENNZの購入やステーキングを通じて、どのように私たちのプロジェクトに参加できるかをしっかりと伝えていく施策をしていく予定です。

Q3 2022年にユーザーがCentralityに期待することは何ですか?

2021年に行われた壮大なプロジェクトは、2022年にチームを始動させることを意味します。CENNZnetを「メタバースのためのブロックチェーン」として再ブランド化したり、独占的なパートナーシップやオンチェーン分散型ガバナンスの完全実装など、超エキサイティングなプロジェクトに期待します。

Moonstakeは、Centralityの戦略的パートナーであることを誇りに思います。私たちは、成長・発展し続けるCENNZnetの強力なサポートを継続し、2022年に世界中のCENNZホルダーと暗号資産ユーザーにさらに大きな価値をもたらし、CentralityとMoonstakeのエコシステムの利用を共に加速させたいと願っています。

Moonstakeについて

Moonstakeは、世界をリードするステーキングサービスプロバイダーとして、企業やエンドユーザー向けの分散型ウォレットサービスを開発・運営しています。

2020年8月より本格的にステーキング事業を開始しました。世界中のユーザーから支持を受け、ステーキング資産総額は18億ドル(約1,000億円)に上りました。2021年6月には、世界15,000社のステーキングプロバイダーの中で3位にランクインしました。

これまで、Cardanoの構成組織であるEmurgoやTRON、NEOなど主要ブロックチェーンを含む約30社の戦略的パートナーシップを締結し、ビジネスとエコシステムを拡大してきました。2021年5月には、シンガポール証券取引所の上場企業「OIO Holdings Limited」の完全子会社となり、Moonstakeのさらなる事業拡大と信頼性向上に取り組んでいます。 https://www.moonstake.io/

Centralityについて

Centralityは、ニュージーランドに拠点を置く世界有数のフィンテックベンチャー・プラットフォームです。ニュージーランド政府から研究助成を受け、NZ Tech、Singlesourceとともに官民統合組織「Digital Identity NZ」を通じて、分散型システムの構築に取り組んでいます。 https://centrality.ai/

トピック: Press release summary
Source: Moonstake

セクター: Crypto, Exchange
https://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2022 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Moonstake Releated News
2022年9月19日 18時00分 JST
MoonstakeがEthereum マージに正式対応
Sept 19, 2022 17:00 HKT/SGT
Moonstake, 공식적으로 이더리움 병합을 지원 발표
Sept 19, 2022 17:00 HKT/SGT
Moonstake Officially Supports The Ethereum Merge
2022年7月4日 11時30分 JST
Moonstake、Polygon Network上のORBSステーキングサポートを開始
July 4, 2022 10:30 HKT/SGT
Moonstake가 Polygon 네트워크에서 ORBS 스테이킹을 지원 발표
More news >>
Copyright © 2022 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 214 890 4418 | China: +86 181 2376 3721 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6549 7068 | Tokyo: +81 3 6859 8575