English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2022年2月21日 12時00分 JST
Share:
    

Source: Hitachi, Ltd.
日立とソラコムが協業を加速し、IoTサービスを強化
両社のノウハウを掛け合わせ、IoT導入プロセスの効率化と業界固有の課題解決を支援

東京, 2022年2月21日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(以下、日立)と株式会社ソラコム(以下、ソラコム)は、このたび、両社における協業を加速し、IoTの活用により業務の効率化や価値創出などに取り組むさまざまな企業向けに、IoTサービスを強化します。具体的には、ソラコムが提供するIoTプラットフォームSORACOMとの連携を強化し、日立が提供するIoT活用サービス「Hitachi Global Data Integration(HGDI)」*1において、実績のある事例をもとにIoTの導入プロセスを効率化し、業界ごとの固有の課題を解決するサービスを拡充して、新たに提供を開始します。拡充したサービスにより、製造・流通、金融、エネルギーなどさまざまな分野において、国内外でのIoTの活用によるさらなる事業強化を支援します。

背景

日立は、通信回線の準備や回線管理のほか、データの収集・蓄積、利活用のためのシステム環境の提供とその運用といった、モノからデータを収集し利活用する一連のIoTの基盤機能を提供するHGDIを、2020年から提供開始しました。ソラコムは、セルラーやLPWAなどのIoT通信と、迅速なIoTシステム活用をサポートするクラウドサービスを提供しています。

両社は、2021年6月に、IoTを活用したサービスの国内外でのさらなる展開加速に向け、資本提携を含む業務提携を締結*2し、協業を加速しています。今回のHGDIのサービスのラインアップの拡充によるIoTサービスの強化は、業務提携による具体的な成果の第1弾となるものです。

ソラコムとの協業によるHGDIサービス・ラインアップの拡充

今回、セルフセットアップ型*3のソラコムのサービスに、日立のネットワークインテグレーションのノウハウを掛け合わせることで「早く、手軽で、柔軟な」IoTサービスを提供します。具体的には、HGDIが従来から提供しているデータ収集・蓄積サービス、データ可視化アプリケーションに、IoTプラットフォームSORACOMを組み合わせることにより、より多くのヒトとヒト、ヒトとモノ、モノとモノを早く・手軽に・柔軟につなぎます。今回、従来提供している「HGDI Essential*4」に、実績ある事例をもとにIoTの導入プロセスを短縮する「HGDI Connect」と業界特有の課題解決を支援するサービス「HGDI Pro」を新たに追加しました。

新サービスの特長

(1)IoT導入のプロセスを効率化する「HGDI Connect」

IoTは、データを収集・活用するための手段であり、顧客の課題によって、データを取得したい機器、収集するデータやその活用方法も異なります。従来は、課題解決のPoC(価値検証)を実施し、その結果をもってシステムを導入することが一般的でした。一方で、PoCを実施してもデータ活用で試行錯誤を繰り返すケースや、ビジネスモデルの構築が難しいなど、IoTを活用したビジネス創出には多くのハードルに直面することがありました。

「HGDI Connect」は、すでに顧客に導入した実績のあるIoTを活用した事例(レシピ)をもとに必要な「部品(デバイス、ネットワークやアプリケーション)」を組み合わせて提供するIoTサービスです。これにより、事業計画・環境構築・PoCといったIoT導入に必要となる一連のプロセスを効率化することが可能です。

「HGDI Connect」では、ソラコムが提供する「デバイス」や「コネクティビティ」を活用し、IoTシステム構築のコンサルティングからシステムインテグレーションを、日立が提供します。

(2)業界ごとの固有の課題を解決する「HGDI Pro」

今回、IoTを活用して温度管理を支援する「HGDI Pro for コールドチェーン」を3月から提供開始します。本サービスは、医薬品や食品など配送品の品質の維持に向け、倉庫や、集配車両に取り付けたセンサーから、温度や、位置情報、加速度などのIoTデータを収集し、蓄積・可視化することで、温度の異常通知や、遠隔からの温度監視などを実現します。今後、さまざまな業界ニーズに応じて、「HGDI Pro」のサービス拡充を図っていきます。

なお、本サービスを2022年3月1日~3月4日に東京ビッグサイトで開催される「リテールテックJAPAN2022」の日立ブースにて展示します。

今後の展開

日立は、デジタルイノベーションを加速する日立のLumadaによって展開するソリューション・技術を活用し、新しいデータ利活用などサービスの強化・拡充に取り組むとともに、ソラコムのIoTサービスと組み合わせることで、さらなる多様なデータの活用によるIoTビジネスの事業展開の支援に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2022/02/0221a.html

日立製作所について

日立は、データとテクノロジーで社会インフラを革新する社会イノベーション事業を通じて、人々が幸せで豊かに暮らすことができる持続可能な社会の実現に貢献します。「環境(地球環境の保全)」 「レジリエンス(企業の事業継続性や社会インフラの強靭さ)」 「安心・安全(一人ひとりの健康で快適な生活)」に注力しています。IT・エネルギー・インダストリー・モビリティ・ライフ・オートモティブシステムの6分野で、OT、ITおよびプロダクトを活用するLumadaソリューションを提供し、お客さまや社会の課題を解決します。2020年度(2021年3月期)の連結売上収益は8兆7,291億円、2021年3月末時点で連結子会社は871社、全世界で約35万人の従業員を擁しています。 https://www.hitachi.co.jp/

トピック: Press release summary
Source: Hitachi, Ltd.

セクター: Daily Finance, Cloud & Enterprise
https://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2022 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 
Hitachi, Ltd. Links

http://www.hitachi.com

https://www.facebook.com/hitachi.global/

https://twitter.com/hitachiglobal?lang=en

https://www.youtube.com/user/HitachiBrandChannel

https://ph.linkedin.com/company/hitachi

Hitachi, Ltd. Releated News
2022年10月5日 9時00分 JST
日立エナジーが、エネルギーシステムのカーボンフットプリントの削減を支援する「EconiQ Consulting」と「EconiQ Implementation」を提供開始
2022年10月4日 11時00分 JST
日立グローバルライフソリューションズ、再生可能エネルギー由来の電力を本社に導入し、カーボンニュートラルに向けた取り組みを加速
2022年10月3日 16時00分 JST
日立、疑似量子コンピュータ「CMOSアニーリング」のクラウドサービスを提供開始
Monday, 3 October 2022, 9:30 JST
Hitachi Astemo develops Steer-by-Wire prototype with advanced steering and failsafe function
2022年9月28日 13時00分 JST
日立、金融機関のDXを加速し、非対面・非来店取引を促進するネット×リアルチャネルソリューション「Branch in Mobile」を提供開始
More news >>
Copyright © 2022 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 214 890 4418 | China: +86 181 2376 3721 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6549 7068 | Tokyo: +81 3 6859 8575